「固定概念」の意味や使い方とは?「固定観念・既成概念」との違いや英語・類語も紹介

固定概念

「固定概念」の正しい使い方を知っていますか?実は「固定概念」は「固定観念」の誤用なのです。ここでは「固定概念」の意味や間違い、類語などを解説します。社会人になって恥ずかしい間違いをする前にしっかりと頭に入れておきましょう。

目次

「固定概念」の読み方

「固定概念」の読み方

「固定概念」は「こていがいねん」と読みます。「概」に似た漢字として「慨」「漑」などがありますので、漢字の間違いをしないことにも注意しましょう。

「固定概念」の意味とは?

「固定概念」の意味とは?

「固定概念」は「外部からの影響を受けて変化しない固定的な考えのこと」を指しています。

「固定概念」は間違い?

「固定概念」は間違い?

「固定概念」は間違った表現だと知っていましたか?多くのひとはそれに気づかずにそのまま「固定概念」を使っているのです。ここでは「固定概念」は誤用なのかどうかを解説します。誤用であるにもかかわらず「固定概念」を使っていると恥ずかしいです。社会人として間違った表現には気をつけるようにしましょう。

「固定概念」は「固定観念」の誤用

実は「固定概念」は「固定観念」の誤用なのです。つまり、「固定概念」という言葉は厳密には存在しません。話し言葉を中心として「固定観念」の間違いとして使われていますが、もはや世間に「固定概念」という言葉が定着したといっても過言ではありません。よって、相手が「固定概念」を使ってきたら、「固定観念」と同じ意味であると解釈しましょう。

「固定概念」と「固定観念」の違い

「概念」と「観念」はそもそも「意味」が違います。「概念」とは「ものごとがなんたるか」「そのものの性質」のことを指しますが、「観念」は「ものごとに対して抱いている主観的な考え」のことを指しています。よって、りんごの「観念」には「おいしくない」「食感が苦手」などの主観的なものが含まれるのです。

「固定概念(固定観念)」の類義語・言い換え

「固定概念(固定観念)」の類義語・言い換え

ここでは「固定概念(固定観念)」の類義語・言い換えを紹介します。「固定概念」は間違った表現ですが、「固定観念」と非常に音が似ています。そこで類義語・言い換え表現を使うことによって、誤用を防げるのです。誤用を避けるためにも、類義語・言い換え表現は覚えておきましょう。

「固定概念(固定観念)」の類義語1「偏見」

「固定概念(固定観念)」の類義語1つ目「偏見」です。「偏見」は「へんけん」と読み、「かたよった見方や考え方」のことを指しています。臨床試験においては「バイアス」と呼ばれることもあります。

例文:彼は私に対してなんらかの偏見を持っているようだった。

「固定概念(固定観念)」の類義語2「先入観」

「固定概念(固定観念)」の類義語2つ目「先入観」です。「先入観」は「前もって抱いている固定的な考え方」のこと。「先入観にとらわれている」という形でよく使います。

例文:先入観にとらわれてしまって、一歩を踏み出せない。

「固定概念(固定観念)」の類義語3「決めつけ」

「固定概念(固定観念)」の類義語3つ目「決めつけ」です。「決めつけ」は「一方的に断定したもの」という意味。特にデータなどの根拠もなく断定したものに対して使われることが多いです。

例文:なぜそうやってすぐにダメだと決めつけるのですか?

「固定概念(固定観念)」の類義語4「固着観念」

「固定概念(固定観念)」の類義語4つ目「固着観念」です。「固着観念」は「こちゃくかんねん」と読み、「固定観念」と同じ意味で「頭から離れない、そのひとの思考を拘束する考え」のことを指します。

例文:彼は悪いひとではないが、固着観念にとらわれている。

「固定概念(固定観念)」の類義語5「イデオロギー」

「固定概念(固定観念)」の類義語5つ目「イデオロギー」です。「イデオロギー」はフランス語を語源としている言葉。「社会とはこうあるべきというものをまとめ上げたもの」のことを指します。意味自体には「固定観念」と似たような意味はもたないのですが、多くの場合は「ある方向に偏った考え」というニュアンスを含んで使われます。

「固定概念(固定観念)」と「既成概念」の違い

「固定概念(固定観念)」と「既成概念」の違い

「固定概念(固定観念)」と「既成概念」の違いは「微妙なニュアンス」です。具体的には「固定概念(固定観念)」は「凝り固まった考え」を指しているのに対して、「既成概念」は「すでに世の中に定着しているような考え」を指しています。ですが、基本的には同じ意味として使って問題ないです。

「固定概念(固定観念)」の使い方と例文集

「固定概念(固定観念)」の使い方と例文集

「固定概念(固定観念)」の意味や類義語を知っていても、実際に使えなければ意味がありません。ここでは「固定概念(固定観念)」の使い方、使うときの注意点、例文を紹介します。実際にどのように、どんな文脈で使われているのかを知ることで、「固定概念(固定観念)」を使えるようになりましょう。

「固定概念(固定観念)」の使い方

「固定概念(固定観念)」は基本的にネガティブな意味として使われることがほとんどです。なぜなら、「固定概念(固定観念)」にとらわれることによって視野が狭まったり、挑戦をしなくなったりしてしまうから。誰しもが「固定概念(固定観念)にとらわれてはいけない」という言葉を聞いたことがあるでしょう。しかしながら、私たちは「固定概念(固定観念)」によって、未知のものごとの危険性を感じ取っているのです。「固定概念(固定観念)」はネガティブに使われることが多いですが、「固定概念(固定観念)」自体にはネガティブなイメージはないことを覚えておきましょう。

「固定概念(固定観念)」を使用するときの注意点

「固定概念(固定観念)」を使うときには「固定観念」を使うように注意しましょう。多くのひとが誤用していることによって「固定概念」が世間に根付いたといっても、やはり厳密には日本語として間違っていることには変わりありません。特にビジネスシーンなどにおいては、間違ったまま使っていると大恥をかいてしまうかも。「固定的な考え方」を表現したいときには、確実に「固定観念」を使うようにしましょう。

「固定概念(固定観念)」の例文

「固定概念(固定観念)」を使った例文は以下のとおりです。

・固定観念が強すぎるあまり、彼は何の挑戦もしないのだ。
・固定観念にとらわれていると視野が狭まってしまう。
・変わりたいと思っているなら、まずは固定観念を捨てることから始めよう。
・今まで誰も見つけたことがなかった生物を発見し、固定観念を覆した。
・これまでの固定観念を壊すべく、私は単身インドに向かった。

「固定概念(固定観念)」を含む熟語

「固定概念(固定観念)」を含む熟語

「固定概念(固定観念)」を含む熟語はいくつかあります。この熟語を知らないままにしていると、相手が使ったときに会話についていけないかも。ここでは「固定概念(固定観念)」を使った熟語について解説します。しっかりと身につけることによって、会話についていけるようになりましょう。

「固定概念(固定観念)にとらわれる」

「固定概念(固定観念)にとらわれる」とは、「考えが凝り固まってしまって、柔軟に考えられない」という意味。「とらわれる」とは「拘束される」ことを表現しています。「とらわれる」はほかにも「先入観にとらわれる」「目先のことにとらわれる」「お金にとらわれる」などの使い方がされます。

「固定概念(固定観念)を覆す」

「固定概念(固定観念)を覆す」とは、「凝り固まっている考えを根底からひっくり返す」という意味。なぜなら「覆す」には「ひっくり返す」「倒して滅ぼす」「これまで正しいとされてきたことを根本から変える」という意味があるから。「覆す」はほかにも「常識を覆す」「政権を覆す」などの使い方をします。

「固定概念(固定観念)を捨てる」

「固定概念(固定観念)を捨てる」とは、「凝り固まった考えを取り除く」という意味。「捨てる」は「不要なものとして手放す」ことを指しています。よって、思わず「固定概念(固定観念)」がなくなった場合には使えませんので注意しましょう。「捨てる」はほかにも「プライドを捨てる」「希望を捨てる」「ゴミを捨てる」といった使い方をします。

「固定概念(固定観念)」を英語でいうと?

「固定概念(固定観念)」を英語でいうと?

「固定概念(固定観念)」を英語で表現すると「stereotype」「fixed idea」となります。「stereotype」は「ステレオタイプ」として日本語として使われているもの。「fixed idea」は直訳すると「固定された考え」という意味です。

例文1:Stereotypes can lead to discrimination and prejudice.(固定観念は差別や偏見を生む可能性がある。)
例文2:You are fixed on the idea.(彼は固定観念にとらわれている。)

まとめ

「固定概念」は厳密には日本語として存在しない表現で、「固定観念」の誤用として知られています。しかしながら、多くのひとが「固定観念」のことを「固定概念」と間違って使用するため、「固定概念」自体が言葉として定着しているのです。だからといってもビジネスシーンなどで「固定概念」を使うのは好まれたものではありません。しっかりと「固定観念」を使って、社会人として恥ずかしいミスを指摘されないようにしましょう。

固定概念

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる