「夜分遅くに」の使い方とは?メール・電話での例文や意味・類語・対義語を紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    就業時間を過ぎてから電話やメールを送る際は、「夜分遅くに」というひと言を添えるのがマナー。「夜分遅くに」というクッション言葉は相手を気遣う気持ちを表します。いざ使うときのために、「夜分遅くに」の正しい使い方を紹介します。

    目次

    「夜分遅くに」の読み方と意味とは

    「夜分遅くに」の読み方と意味とは

    「夜分」と聞くと、なんとなく「夜の遅い時間帯」のことを指していると思っている人は多いでしょう。「夜の遅い時間帯」といっても、ライフスタイルや個人によって、微妙に感じ方が違いますよね。社会人になると、ビジネスシーンで、「夜分遅くに」という言葉を使う機会があるかもしれません。読み方や意味を理解して、適切に使えるようにしましょう。

    「夜分遅くに」の読み方

    「夜分」は「やぶん」と読みます。「夜」も「分」も音読みです。「遅くに」は「おそくに」です。「遅くに」は、訓読みです。続けて読むと、「夜分遅くに」は、「やぶんおそくに」と読みます。

    「夜分遅くに」の意味

    「夜分遅くに」という言葉は、一般的には、「夜遅いにもかかわらず連絡をして、すみません」という気持ちを表す際の枕詞として使われています。「夜分遅くに申し訳ございません」といったように、謝罪の気持ちを表す言葉とセットで使うと覚えておくといいでしょう。

    「夜分」がさす時間帯とは

    「夜分」がさす時間帯とは

    ビジネスシーンで「夜分遅くに」という言葉を使う場合は、どのタイミングからが適切なのか迷いますよね。仕事が立て込んでいるときは、遅い時間帯に連絡をしなければならないこともあるでしょう。電話やメールの時間帯が遅くなる場合は、「夜分遅くに」という枕詞を意識的に使って誠意を見せることが大切です。具体的にどのようなシーンで使ったらよいかを次で解説していきます。

    就業時間を過ぎたら「夜分」を意識する

    ビジネス的には就業時間を過ぎたら、「夜分」であることを意識しましょう。就業時間を過ぎてからメールなどをおくる場合は、「夜分遅くに」と添えて連絡するのがベターです。ただ、勤務時間外にあたる18~19時前後に連絡をする場合、相手にとっても「夜分遅くに」という言葉に違和感があるようでしたら、「勤務時間外に申し訳ございません」と言い変えても問題はないでしょう。

    「夜分」は22時~2時までのこと

    「夜分」という言葉には、はっきりとした時間が定まっているわけではありません。一般的には、「夜中」と同義語とされているので、22時~2時までを指すとされています

    「夜分遅くに」の類義語・対義語

    「夜分遅くに」の類義語・対義語

    「夜分遅くに」のカジュアルな言い回しや、朝早く連絡する場合に応用編としてて使える、類義語や対義語をお教えします。相手やシチュエーションに合わせて、上手に使い分けてくださいね。

    類義語は「夜遅く」「遅い時間に」

    「夜分遅くに」を別の言葉に言い換える場合は、「夜遅くに」、「遅い時間に」と変えられます。ただ、ビジネスシーンで使うにはややカジュアルな印象になってしまうので、プライベートで使うほうがベターでしょう。あくまでもビジネスシーンでは「夜分遅くに」という言葉を選んだほうが、きちんとしていて丁寧な印象になります。

    対義語は、「早朝に」「朝早くから」

    「夜分」「夜分遅く」の対義語としては、「朝早くから」「早朝に」という言葉があります。一般的には夜明けから7時ぐらいまでの時間を指します。ビジネスシーンだと出勤前のメールは、「朝早い」という印象を受けるはずです。もし、出勤前にメールを送る際は、「朝早くから失礼いたします」というふうに、枕詞を添えるといいでしょう。

    「夜分遅くに」の使い方と例文

    「夜分遅くに」の使い方と例文

    「夜分遅くに」連絡する場合、どのような言い方やメールの書き方をしたらいいのか、例文を紹介しながら解説します。夜分遅くに連絡しなければならない理由や状況によって、臨機応変に言葉選びをすると、受け手の印象もよくなるでしょう。

    「夜分に遅くに~」の後につける言葉

    「夜分遅くに」のあとに続けてつける言葉はいろいろあります。つける言葉によって、微妙な気持ちのニュアンスを表せるのはご存じですか?そのときの状況によって「夜分遅くに~」の後につける言葉を変えて、相手を思いやる言葉選びをしましょう。例を紹介しながら、使い方をマスターしてくださいね。

    「夜分遅くにすみません」

    「夜分遅くに」のあとに、「すみません」という言葉をつけると、ややカジュアルな印象になります。お世話になっている上司など、親しみのある方向けと考えるのが適切でしょう。メールで使用するよりも、電話や直接合って会話を交わす場合のほうが、違和感がなく使えるかもしれません。

    「夜分遅くに申し訳ありません」

    「夜分遅くに」の後につける言葉として、「申し訳ありません」は、とても丁寧な言い回しになります。同じ意味をもつ、「すみません」はカジュアル向けだとしたら、「申し訳ございません」は、目上の方や社外の方にも失礼なく使用できるので、ビジネス向きの言い回しになります。覚えておくと損はないでしょう。

    「夜分遅くに失礼いたします」

    「夜分遅くに失礼いたします」は、ビジネスシーンでは使用頻度の高い言葉です。「申し訳ござません」と同様に、目上の人や社外の人へも使用できます。社内の上司へも「失礼いたします」を使って問題ないでしょう。ただ、より謝罪の気持ちを表したい場合は、「失礼いたします」よりも「申し訳ございません」を選んだほうが適切です。

    夜分遅くの連絡に対応してもらった場合

    「夜分遅くに」連絡をして、相手からの返信があった場合は、感謝の言葉とプラスして、「夜分」に対応してもらったという相手への敬意を表しましょう。お礼の言い方としては、「夜分にもかかわらず、ご対応いただきありがとうございます」といったように、お礼の前に「夜分にもかかわらず~」という言葉を添えるのがベターです。しかし、相手から何かしてもらった際に、「夜分にもかかわらず~」という言葉を添えるには注意が必要です。「夜分にもかかわらず、ありがとうございます」と伝えると、「夜遅いにもかかわらず、何かしてくるなんて」といったニュアンスで受け取られてしまう場合があります。あくまでも自分発信の連絡に返事があった場合に使うほうが誤解を招かないでしょう。

    「夜分遅くに」連絡をする際の注意点

    「夜分遅くに」連絡をする際の注意点

    基本的には「夜分遅くに」連絡せずに、業務時間内に連絡をするという力を身に着けることが大切です。しかし、どうしても遅い時間に連絡をしなければならない場合は、最低限の注意点を理解してから、相手に負担のないように連絡を取るようにしましょう。

    基本的には「夜分遅くに」連絡をするのは控える

    緊急性の高いもの以外は、「夜分遅くに」連絡をしないようにするのがビジネスマナーです。仕事が終わってからの時間はプライベートな時間になるので、仕事の連絡がくることを迷惑に感じる方もいます。また、社外の方へ連絡する際は、あまりにも遅い時間にメールを送ると、「この会社はこんなに遅くまで仕事しているブラック企業だ」と思われてしまう可能性があります。取引先などにいいイメージを持たれることはないので、できるだけ避けるようにしましょう。

    緊急で伝える理由を伝えること

    メールや電話が「夜分遅くに」なってしまった理由を説明することで、相手からの理解が深まります。要件だけを送るのだけではなく、きちんとした理由を添えましょう。

    例えば、取引先から見積もり書などを急ぎで頼まれていた場合は、「夜分遅くに申し訳ございません。ご依頼いただきました見積書が完成いたしました。急ぎご報告をさせていただきたくご連絡いたしました」といった言い方ができます。「夜分遅くに~」と合わせて、「急ぎご報告させていただきたく~」をつけることで、より誠意が表せます。きちんとした理由があれば、「夜分」に連絡することは、間違いではありません。

    電話でもメールでも要件は簡潔に伝える

    「夜分」に連絡する際に、理由を添えるのはもちろんですが、長々とした電話やメールは相手への負担が大きくなります。要件はできるだけまとめて、簡潔にすることを意識するとよいでしょう。次の日早めの連絡をし忘れないように、夜中に連絡を送っておきたいという気持ちもわかります。そんなときは、メールの送信予約機能を使うのも手です。今は便利な機能がたくさんあるので、かしこく活用するのがおすすめですよ。

    まとめ

    「夜分遅くに」の時間帯に関しては、定義がはっきりしていないとされています。ただ、ビジネス的には就業時間を過ぎたら「夜分」だと認識するとよいでしょう。できるだけ「夜分」に連絡しなくていいように、仕事の段取りをきちんと組み立てるように意識することも社会人として大切な役割のひとつです。緊急を求められている場合は、「夜分遅くに~」という枕詞を使って、臨機応変に対応できる素敵な社会人を目指しましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる