「進捗」の意味と使い方|類語「進歩・進度」との違い、対義語・英語表現も例文解説

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「進捗」とは、ビジネスシーンのあらゆる場面で頻出する便利な言葉です。進捗状況、進捗確認、進捗率といったように、別の言葉を付け加えて使うことがあります。「進捗」の正しい使い方や意味、類語、対義語、報告や確認で使える英語表現を例文で解説します。

    目次

    「進捗」の意味とは?

    「進捗」の意味とは?

    「進捗」は、ビジネスの場面ではよく使用される言葉で、「進捗状況」「進捗報告」といった仕事の進み具合を確認、報告する際に用いられます。業務や作業の進捗状況をメールや電話で確認する場面はたくさんあり、確認や報告のしかたよっては失礼にあたる場合もあるため、伝え方には注意する必要があります。

    目標や計画など物事が順調に進むこと

    「進捗」とは、目標や計画など物事が順調に進んでいるさまを表わす言葉です。「進捗」の「捗」は、「捗る(はかどる)」と書くことから、計画や仕事が進みはかどること、前に進むことを意味します。ビジネスにおいては仕事の進み具合を確認する際に用いられます。「進捗が芳しくない」といった「進捗」単独でも使われることもありますが、多くは「進捗状況」「進捗確認」「進捗率」のように、別の言葉を付け加えて使います。

    「進捗」は「しんちょく」と読む

    「進捗」は「しんちょく」と読み、「しんぽ」や「しんしょう」など、読み間違えが多い言葉です。職場や公の場で頻出する便利な言葉なので、漢字の書き方とともに、正しい読み方をしっかり覚えておきましょう。

    「進捗」の使い方と例文集

    「進捗」の使い方と例文集

    ビジネスシーンでは「進捗」のほかに、「進捗状況」「進捗管理」など、よく用いられるフレーズがあります。職場での会話やメール、電話においても頻出する言葉なので、使い方をしっかり覚えておくと便利です。「進捗」の使い方と「進捗」の言葉を使った例文を見ていきましょう。

    工事の進捗が大幅に遅れています

    「進捗」は「工事の進捗が大幅に遅れています。」といった使い方をします。天候や事故、自然災害などが原因で工期遅れが発生した際に、工程の進捗状況を報告する表現です。工事・施工以外でも、プロジェクトを進めていくうえで、予期せぬトラブルが発生しえる現場においては、できるだけ早く報告を行う必要があります。

    進捗状況をご教示いただけましたら幸いです

    取引先や顧客など目上の相手に進捗状況を確認する際には、失礼にならないよう、丁寧な言い回しで伝えることが大切です。
    ・進捗状況をご教示いただけましたら幸いです。
    ・その後プロジェクトの進捗状況はいかがでしょうか?

    各自進捗管理を徹底してください

    「進捗管理」とは、計画が予定通りに進捗しているかどうか管理することを指します。全体のスケジュールの進み具合を把握するためには、徹底した進捗管理が必要になります。
    ・各自進捗管理を徹底してください。
    ・進捗管理に必要な工程表を作成しましょう。

    その計画は順調に進捗しています

    「進捗」は「仕事が進捗する」といった動詞の形で使用することも可能です。「進捗が進まない」「進捗ができていない」といった使い方は誤りになります。
    ・その計画は順調に進捗しています。
    ・プロジェクトが計画通りに進捗していません。

    「進捗」の類義語・言い換え

    「進捗」の類義語・言い換え

    「進捗」の類義語・言い換えの言葉として、「進展」「進行」「アドバンス」が挙げられます。

    進展

    「進捗」の類義語・言い換え表現のひとつに「進展」があります。「進展」とは、物事が進行して新たな展開になることを指す言葉です。「進捗」と同様に、物事が進んでいる様子を表わしますが、物事が進んで、結果的に新たな局面へと進んだ意味合いも含みます。

    進行

    「進捗」は、「進行」と言い換えることも可能です。「進行」は、物事がはかどること、物事が動いて前に進むことを意味します。「進捗」はよい方向に進んだ物事に使用しますが、「進行」は、進む方向がよい方にも悪い方にも使える言葉です。

    アドバンス

    「進捗」は、カタカナ語の「アドバンス」とも同じ意味合いになります。「アドバンス」とは、目標や目的に向かって前進すること、物事の進歩や進行、進出、発展を意味する言葉です。「アドバンス」は物事の進行を指す言葉なので、「進捗」以外の意味でも、ビジネスシーンや医療現場で多用されています。

    「進捗」と「進歩」「進度」との違い

    「進捗」と「進歩」「進度」との違い

    「進捗」と似た言葉に「進歩」と「進度」がありますが、それぞれ意味合いやニュアンスが異なります。「進捗」は、物事が進みはかどることをいい、何かしらの目標に向かって進む事柄に使われます。「進歩」は、徐々に望ましい方向へ進んでいくことを指し、特に決まった目標があるのではなく、今よりもより良い方へ進めるのが目的です。「進度」は、物事の進み具合、進み方の度合いのことで、方向や目的を表わす言葉ではなく、程度を表わす言葉になります。

    「進捗」の対義語・反対語

    「進捗」の対義語・反対語

    「進捗」の対義語・反対語は、「停滞」「渋滞」になります。「停滞」とは、物事が滞りはかどらないこと、調子よく進行しないことを指す言葉です。「渋滞」とは、物事がすらすらとはかどらないこと、滞ることを意味します。ビジネスシーンで仕事が進捗していない場合、「停滞」や「渋滞」は用いられず、進捗が悪い、進捗が芳しくない、作業に遅れが生じているなどが使われています。

    「進捗」の報告と確認で使える英語表現

    「進捗」の報告と確認で使える英語表現

    「進捗」は英語で「progress」になりますが、「進捗状況」は、「進捗報告」を意味する「progress report」や、「現在の状況」の意味になる「current status(situation)」「the latest status(最新の状況)」などが用いられるのが一般的です。「進捗」を報告するとき、「進捗」を確認したいときに使える英語表現を紹介します。

    進捗状況を教えてください

    「進捗状況を教えてください。」を英語にすると、「Please tell me the current status.」と表現できます。ほかにも、知らせる、通知するを意味する「inform」を使った「Could you inform me of the current status?」や、知らせてほしい、教えてくださいの意味になる「Could you please let us know the latest status?」、アップデートされた状況を教えてほしいときは「Please keep me posted on this.」「Please update us on the current situation.」などもよく使われるフレーズです。

    進捗状況はどうですか?

    現時点での進捗状況を確認したいときに、「進捗状況はどうですか?」「進捗状況はいかかですか?」と英文メールなどでたずねる場合には「How is ~ going?」が用いられます。「How is the project going now?(プロジェクトの進捗状況はどうですか)」「How is the task going?(依頼した仕事はどれくらい進んでいますか?)」などのフレーズで表現できます。

    進捗報告・進捗を報告する

    進捗を報告する「(プロジェクトの)進捗状況を報告させてください。」は、「Please let me report on the progress( of the project).」と英訳できます。ほかにも「進捗報告」「進捗状況」に関する例文を見てみましょう。
    ・I have set a date to report the progress of the project.(プロジェクトの進捗状況を報告する日程を設定した。)
    ・I report the progress of the project to my boss periodically.(私はプロジェクトの進捗状況を定期的に上司に報告しています。)

    まとめ

    「進捗」とは、計画や仕事が進みはかどること、前に進むことを意味する言葉です。電話やメール、または社内で進捗状況を確認したい、進捗状況を報告したいときに「進捗」を使って状況の把握ができます。仕事の進み具合を確認する際は、プレッシャーを与えてしまう場合もあるため、催促していると思われないように、丁寧で直接的ではない表現で伝えることが大切です。「進捗」の意味や使い方、英語表現を理解して、適切な進捗確認、報告を行いましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる