「お願いしたく存じます」の意味と使い方とは?類語・敬語・英語表現、ビジネス例文も

お願いしたく存じます

「お願いしたく存じます」は口頭ではあまり使わない言葉なので、使用する際に使い方が合っているか不安になりますよね。しかし正しく使えば、ビジネスマナーがあるという良い印象与えられる言葉です。この記事を参考に、正しい使い方を習得しましょう!

目次

「お願いしたく存じます」の意味とは?

「お願いしたく存じます」の意味とは?

「お願いしたく存じます」の「存じます」は、「思っている」「そのような状態である」という意味を持っています。つまり、「お願いしたく存じます」は「お願いしたいと思っています」という意味になります。「お願いします」「お願いいたします」と意味は全く同じですが、「お願いしたく存じます」の方がより丁寧な言い方であるためビジネスメールなどの文中で使われることが多いです。

「お願いしたく存じます」の敬語表現

「お願いしたく存じます」の敬語表現

「お願いしたく存じます」には、謙譲語の「お」「存じ」や丁寧語の「ます」が組み合わされています。複雑な構造の敬語であるため、いざ使用する時に、使い方が正しいか心配になりますよね。敬語の種類やさらに丁寧な言い方を理解し、自信を持って使用できるようになりましょう。

「お願いしたく存じます」は謙譲語

「お願いしたく存じます」は、自分をへりくだって相手を立てる謙譲語です。日本語では、相手に決定権を委ねるほど敬意が強まるとされています。「お願いします」と伝えるよりも、「お願いしたいと思っている」と謙譲語で伝えることで、その願いを聞き入れるかどうかを相手に決めてもらう表現になります。このように、全く同じ意味合いでも、相手への敬意を高められるのです。

「お願いしたく存じます」をさらに丁寧に言うと

「お願いしたく存じます」は間違った表現ではありませんが、「お願いしたく」という部分において丁寧さに欠けているような印象もありますよね。その場合は「お願い致したく存じます」ということで、さらに丁寧な気持ちを表せます。さらに目上の人と会話をするときや、礼儀が必要な場面で使用してみてください。

「お願いしたく存じます」の類義語・言い換え

「お願いしたく存じます」の類義語・言い換え

「お願いします」はよく使う言葉であるため、ビジネスメールにおいて何度も「お願いしたく存じます」を多用しそうになります。「お願いしたく存じます」の言い換えや類義語を知っておくことで、敬語のバリエーションを増やしておきましょう。

「お願いいたします」

「お願いいたします」は「お願いします」の謙譲語にあたるので、目上の人との会話やビジネスメールで使っても問題ありません。もちろん意味合いも同じです。ただ、「よろしくお願い致します」と漢字で表記するのは間違いなので注意が必要です。補助動詞である「いたす」が、漢字表記の「致す」に変わると動詞としての働きに変わってしまうので気をつけましょう。「よろしくお願いいたします」ということで、さらに丁寧な表現にもなります。

「お願い申し上げます」

「お願い申し上げます」もビジネスシーンで使用することの多い表現です。「申し上げます」は「感謝申し上げます」や「お詫び申し上げます」など一方的に感謝や反省を伝えたい時にも利用される謙譲語です。つまり「お願い申し上げます」は「お願いいたします」に比べて、一方的にお願いを申し上げているだけの状況ですので、さらに謙遜の意味を含むことになります。

「お願いいただけますか」

「お願いいただけますか」は疑問文であるため、「お願いしたく存じます」と比べると相手に決定権を完全に委ねている状態となります。前述したように、相手に決定権を与えることで敬意が強まるので、ビジネスシーンでも使用可能な敬語表現です。似た表現として「お願いできますでしょうか」がありますが、これは「ます」「です」の両方を用いた二重敬語です。使用している人が多いので許容されている部分もありますが、礼儀に注意したい場面などでは使わないようにしましょう。

「お願いしたく存じます」の使い方・例文

「お願いしたく存じます」の使い方・例文

「お願いしたく存じます」はビジネスシーンや、就職活動でも使うことが多いですよね。いざというときに参考になるような、例文と使い方を紹介します。

〜をお願いしたく存じます

面談の日程調整や、書類の確認などをお願いするときは「〜をお願いしたく存じます」を使いましょう。「〜をお願いします」では丁寧さにかける場合があります。

ご理解賜りますよう、お願いしたく存じます

こちらの都合で何か変更などが起きて相手に手間をとらせたり迷惑をかける場合に使います。謝罪の上で「ご理解賜りますよう、お願いしたく存じます。」と伝えましょう。

ご検討のほど、宜しくお願いしたく存じます

相手に対して提案や依頼をした場合は「ご検討のほど、宜しくお願いしたく存じます」と伝えましょう。質問文や依頼文で終了せずに、この一文を添えることで謙虚な姿勢を見せられます。

「お願いしたく存じます」に加えたいクッション言葉

「お願いしたく存じます」に加えたいクッション言葉

お願い事をする際は、クッション言葉をつけることで謙虚さを強められます。「お願いしたく存じます」だけでなく、さまざまな場面で使いやすいように、知っておくと便利なクッション言葉を紹介していきます。

「大変恐縮ではございますが」

「恐れ入りますが」の意味合いをさらに強めた言葉です。「大変恐れ入りますが、お願いしたく存じます」ということで、恐れ多いお願いですがという謙虚な意味合いを強められます。目上の人の自分に対する好意に感謝の意を示す際や、時間をいただき手を止めさせたり迷惑をかけるお願いをするときにクッション言葉として使いましょう。

「お手数おかけいたしますが」

「手数」とは、相手が何かを行う際の動作や作業の数のことです。つまり「お手数おかけしますが」は、相手に何か手間や時間を取らせてしまうことがわかっているお願いに使えるクッション言葉です。こちらも「いたします」を漢字で表記しないように注意しましょう。書類を確認して欲しい時などに「お手数ですが、ご確認をお願いしたく存じます」と伝えることで、相手の手間を理解していることを伝えましょう。

「差し支えなければ」

「差し支えなければ」はあらゆる文章において相手に決定権を委ねるクッション言葉です。「もしよろしければ」という意味合いですので、相手がそのお願いに答えるかどうかを判断できる状況になります。例えば重要書類を送って欲しい時に、「差し支えなければ、書類の添付をお願いしたく存じます」ということで、個人情報をいただくことの恐れ多さを理解していることが相手に伝わります。

「お願いしたく存じます」の英語表現

「お願いしたく存じます」の英語表現

「お願いしたく存じます」を英語でなんというかを知ると、さらに使い方や利用する場面をイメージしやすくなります。いくつかある英語の中で、特にわかりやすいものと、表現が異なるものを2つ紹介します。

I would appreciate it if you could〜.

「I would appreciate it if you could〜.」を直訳すると「もしあなたが〜してくだされば、とても感謝いたします」となります。こちらも「してください」とストレートに伝えずに、「もししてくだされば」という意味合いを含むことで、相手に決定権を委ねています。また「感謝いたします」という言葉を先に伝えることで、相手も気持ちよく聞き入れられる表現です。

I would appreciate your cooperation

「I would appreciate your cooperation.」を直訳すると「ご協力に感謝いたします」となります。「お願いします」を意味する英語表現では、相手が許可するであろうお願い事をしたら相手の返事を受け取る前に、感謝を述べることが多いです。日本語では謙虚さと申し訳なさを伝えることが多いので、真反対の文化といえます。

まとめ

「お願いします」を丁寧に伝えるための言葉はいくつもありますが、「お願いしたく存じます」は口頭で使うことが少ないのもあり、使用する際に不安になる人は多いことでしょう。この記事を読んで使い方をマスターし、ビジネスシーンで堂々と使用できるようになってくださいね。

お願いしたく存じます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる