「恐縮です」の意味と使い方|類語や英語表現、「申し訳ない」との違いも解説

恐縮です
目次

「恐縮です」の読み方

「恐縮です」の読み方

「恐縮です」は「きょうしゅくです」と読みます。文面においてもよく見られる表現ですので、確実に覚えておく必要があります。

「恐縮です」の意味とは?

「恐縮です」の意味とは?

「恐縮です」の正しい意味を知っていますか?また「恐縮です」はたくさんの感情を示すと知っていましたか?ここでは「恐縮です」の意味や表現しているものを紹介します。「恐縮です」の意味を知らないと、社会人としてうまくやっていけません。一人前の社会人になるために覚えておきましょう。

「恐縮です」の意味

「恐縮です」とは「身がすくむような思いです」という意味。もともとは「恐怖によって身がすくむ」ことを表現する言葉でしが、今では「ありがたさや申し訳なさで身がすくむ」という意味をもっています。

「恐縮です」は感謝を表す

「恐縮です」は感謝を表せます。感謝を表す「恐縮です」は「申し訳ない気持ちでいっぱい」を表現します。「ありがとうございます」の代わりに使われる言葉。少々堅い表現のため目上のひとやお客様に対して使われることが多いです。

「恐縮です」は謝罪も表す

「恐縮です」は謝罪も表せます。謝罪を表す「恐縮です」も「申し訳ない気持ちでいっぱい」を表しますが、申し訳ないと思っている理由が自分側の過失にあります。「すみません」が感謝にも謝罪にも使われているように「恐縮です」も使えます。

「恐縮ですが」の意味とは?

「恐縮ですが」とは依頼や承諾を得るためのクッション言葉としても使えます。依頼や承諾を得るまえに「恐縮ですが」とつけることによって、「恐れ多いと思っているさま」「申し訳なく思っているさま」を表現できます。

「恐縮です」の由来・語源

「恐縮です」の由来・語源

「恐縮です」の由来・語源は漢字をみることによってわかります。「恐」は「おそれること」を表現しており、「縮」は「ちぢこまること」を表現しています。よって「恐怖で身のすくむ思い」を表現するようになったのです。その意味が転じて、感謝や謝罪を表現するようになりました。

「恐縮ですが」と「申し訳ないが」との違い

「恐縮ですが」と「申し訳ないが」との違い

「恐縮ですが」と「申し訳ないが」の違いは「相手に迷惑をかけているか」です。具体的には「恐縮ですが」は「相手に対して恐れ多いと身がすくんでいる」ときに使い、「申し訳ないが」は「相手に迷惑をかける」ときに使います。「恐縮ですが」と「申し訳ないが」のどちらも使い方はクッション言葉のように見えるため、注意が必要です。使い分け例は以下のとおり。

・恐縮ですが、なるべく早い返信をいただけますでしょうか?(迷惑をかけていない)
・申し訳ないが(ありませんが)、本日はもう満席です。

「恐縮です」の類義語・言い換え

「恐縮です」の類義語・言い換え

ここでは「恐縮です」の類義語・言い換えを紹介します。「恐縮です」はたくさんの意味があり、たくさんの感情を表現する言葉です。「恐縮です」の類義語・言い換えを覚えることで意味を整理できます。また、「恐縮です」を言い換えられると相手に好印象を与えることも。確実に押さえておきたいものですので、頭に入れておきましょう。

「恐縮です」の類語1「恐れ入ります」

「恐縮です」の類語1つ目は「恐れ入ります」です。「恐れ入ります」は目上のひとに対して「感謝・恐縮・申し訳なさ」を表現します。幅広い文脈において、さまざま意味で使われます。

例文:恐れ入りますが、その塩をとっていただけますか?

「恐縮です」の類語2「恐れ多いです」

「恐縮です」の類語2つ目は「恐れ多いです」です。「恐れ多い」とは「目上のひとに対して申し訳ない気持ち」「自分にはありがたくてもったいない」という気持ちを表現します。

例文:部長に褒めていただけるなんて恐れ多いです。

「恐縮です」の類語3「恐悦至極に存じます」

「恐縮です」の類語3つ目は「恐悦至極に存じます」です。「恐悦至極」とは「このうえない嬉しさ」という敬意を込めて伝える表現。「恐縮です」のように謝罪には使えません。

例文:先生にまた教えてもらえるなんて恐悦至極に存じます。

「恐縮です」の類語4「汗顔のいたりです」

「恐縮です」の類語4つ目は「汗顔のいたりです」です。「汗顔のいたり」とは「大変恥ずかしく思う気持ち」です。ビジネスシーンにおいて謝罪の場面で使われます。

例文:このようなミスをしてしまい、誠に汗顔の至りです。

「恐縮です」の類語5「言い訳のしようもありません」

「恐縮です」の類語5つ目は「言い訳のしようがありません」です。「言い訳のしようがない」とは「弁解のしようがない」という意味。つまり、自分の過失を全面に受け止める謝罪を表します。

例文:あんなことになるなんて、言い訳のしようがありません。

「恐縮です」の使い方と例文集

「恐縮です」の使い方と例文集

「恐縮です」の意味や類義語を知っていても、実際にどのように使うのかを知らなくては意味がありません。ここでは「恐縮です」の使い方、注意点、例文を紹介します。「恐縮です」の使い方を間違ってしまうと、会話相手との関係性が悪くなってしまうかも。「恐縮です」の使い方はビジネスマンとして確実にマスターしておきましょう。

「恐縮です」の使い方

「恐縮です」は感謝や謝罪、依頼のときのクッション言葉として使います。基本的に目上のひとに使える言い回しですが、書き言葉として使うのがメインです。話し言葉として目上のひとに使うときには「恐れ入りますが」に言い換えるといいでしょう。

「恐縮です」の強調した使い方

「恐縮です」の強調した言い方は以下のとおり。「恐縮です」よりもかしこまったり、丁寧にいったりするときに使いましょう。

・恐縮至極
・恐縮の限り
・恐縮の至り
・恐縮の極み
・甚だ恐縮

「恐縮です」を使用するときの注意点1「二重表現に気をつける」

「恐縮です」を使用するときの注意点1つ目は「二重表現に気をつける」です。なぜなら、二重敬語のような二重表現は日本語として間違いだとされているから。たとえば「恐縮に思う」です。「恐縮」自体に「思っている」という意味が含まれているので二重表現となります。ほかにも「恐縮に存じます」などがありますので、間違って使わないように注意しましょう。

「恐縮です」を使用するときの注意点2「何度も使わない」

「恐縮です」を使用するときの注意点2つ目は「何度も使わない」です。「恐縮です」は書き言葉として非常に丁寧な言い方ではありますが、多用は好まれません。メールなどの結びの言葉として1回使う程度にとどめておきましょう。

「恐縮です」の例文

「恐縮です」を使った例文は以下のとおりです。

・こんなものをいただけるだなんて恐縮です。
・恐縮ですが、こちらにサインをいただけますか?
・こんなところまで来ていただき恐縮です。

「恐縮です」を英語でいうと?

「恐縮です」を英語でいうと?

「恐縮です」は英語でなんというか知っていますか?ここでは「恐縮です」の英語表現を紹介します。「恐縮です」の英語を使えるようになると、海外のクライアントにも対応できるようになります。ワンランク上のビジネスマンになるためには覚えておくべき知識です。しっかりと覚えておきましょう。

感謝を表す「恐縮です」の英語表現

感謝を表す「恐縮です」を英語で表現すると「grateful」となります。「feel obliged」より「 indebted」の方が形式ばった表現です。

例文:I am grateful for your praise.(お褒めいただき恐縮です。)

謝罪を表す「恐縮です」の英語表現

謝罪を表す「恐縮です」を英語で表現すると「sorry」となります。

例文:I am very sorry for taking your time.(お時間とらせていただき、大変恐縮です。)

「恐縮ですが」の英語表現

クッション言葉を表す「恐縮ですが」を英語で表現すると「would you mind」となります。

例文:Would you mind signing this for me?(恐縮ですが、サインをいただけますか?)

まとめ

「恐縮です」は非常に幅広い文脈で使われる言葉です。さまざまな意味を表すため、非常に便利な言葉といえます。しかしながら、「恐縮です」の多用は失礼に当たってしまいます。便利な言葉だからとって何でもかんでもと使わず、シチュエーションや相手を考えて使いましょう。

恐縮です

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる