「老婆心」の意味と使い方|類語や読み方・英語表現・上手な返し方も例文解説

老婆心
目次

「老婆心」の意味とは?

「老婆心」の意味とは?

「老婆心」の意味について紹介します。言葉のニュアンスを知ることでその言葉の正しい使い方がわかるようになります。「老婆心」という言葉は使うべきタイミングが限定されるので、正しく使いこなすためにも詳しく見ていきましょう。

「必要以上に世話を焼こうとする気持ち」

「老婆心」とは「必要以上に世話を焼こうとしてしまう自分の気持ち」を表す言葉です。基本的には謙譲表現として使われ、他の人が誰かに世話を焼こうとしている態度に対して「老婆心」という言葉を使うことはありません。自分が目上の立場にあり、年下の人に対していろいろとアドバイスをしたくなったときに「老婆心ながら、」という喋り出しで謙譲のニュアンスを表現します。比較的使いやすい言葉であるため、使い方を知っておくと便利でしょう。

目上の人には使わない

「老婆心」という言葉は目上の人に使うのは不適切です。 目上の人に対して何らかの意見を言いたくなったときは「僭越ながら」という表現が適切です。ビジネスシーンにおいては、時には部下が上司に意見をしなければならないタイミングも出てきます。そういった時に「僭越ながら」と頭につけて話し始めると、礼儀としても問題なく正しい態度で目上の人に意見を述べることが可能です。似た意味を表す言葉でも、立場によって言葉を使い分ける必要があるので、言葉の使い分けには敏感になる必要があります。

返しは「ありがとうございます」

自分が目上の人から、「老婆心ながらアドバイスするけど、〇〇した方がいいよ。」というようにアドバイスを受けた時、どのように返すのが適切なのでしょうか。適切な返しとしては「ありがとうございます。」で問題ないです。その後に「勉強になりました」や「学ばせていただきます」といったような言葉も入れるとなおよいでしょう。ひとつ気をつけるべきなのは「参考になりました」という表現は目上の人には使わない方がよいという点です。

「老婆心」の読み方

「老婆心」の読み方

「老婆心」は「ろうばしん」と読みます。なぜ「老婆」と「心」が組み合わさると、必要以上に世話を焼こうとする、つまり「おせっかいである様子」を表す言葉になるのでしょうか。その理由は次の由来や語源で詳しく解説します。

「老婆心」の由来・語源

「老婆心」の由来・語源

「老婆心」という言葉は、「おばあちゃんが子供や孫を心配する気持ち」が由来になっています。老人になればなるほど、自分の人生経験が豊富であるため子供や孫の行動が危なっかしく見えてしまいます。そのため必要以上にアドバイスをしてしまう傾向があるのです。こういった年下の立場の人からすれば、若干おせっかいに感じてしまうアドバイスを繰り返してしまう心境を「老婆心」と表現します。

「老婆心」の類義語・言い替え

「老婆心」の類義語・言い替え

「老婆心」の類語や言い替え表現を紹介します。紹介する言葉は「大きなお世話」と「差し出がましい」です。詳しく見ていきましょう。

「大きなお世話」

「大きなお世話」とは「相手の心配を余計なものとして受け入れない姿勢」を表現する言葉です。意味合いは「老婆心」と同じになりますが、使い方は大きく異なります。「老婆心」は自分の行動に対して謙遜の表現を付け足す使い方をしますが、「大きなお世話」は相手のお節介を鬱陶しく思う気持ちを表現する言葉になります。つまり非常に強いマイナスのニュアンスを持つため、直接相手に伝えるのは避けた方がよい言葉になります。 他人の助言や手助けを拒否する態度をとる言葉になるので、意味を理解した上で使う際は注意が必要です。

「差し出がましい」

「差し出がましい」とは「相手に対して必要以上に厚かましいことをする様」を表現する言葉です。この言葉は「僭越ながら」と同じような使い方をします。つまり、目上の人に対してなんらかの意見を述べるときに「差し出がましい」という表現が使えるのです。具体的には、「差し出がましいことを申し上げますが、」と話し始めに使われます。「差し出がましい」は必要以上に他人のことに関わろうとする態度を表し、「出過ぎた態度をとっていると自覚しています」というメッセージになります。つまり「差し出がましい」も、このように使えば一種の謙譲表現になります

「老婆心」の対義語

「老婆心」の対義語

「老婆心」の対義語について紹介します。ここでは、「無関心」と「冷淡」の2語をピックアップしました。さっそく見ていきましょう。

「無関心」

「無関心」とは、「物事に対して関心がないことやその様子」を表します。「老婆心」という言葉は「必要以上に目下の人の行動に関与している様子」を表す言葉ですが、「無関心」はその逆で「他者に全く関わろうとしない態度」を表します。カタカナ語で言うと「ネグレクト」とも表現できます。親子関係や師弟関係において上の立場にいる者が無関心やネグレクトになってしまうことは、下の立場の者にとっては非常に不利益になります。老婆心が強すぎて過干渉になることも問題ですが、無関心の方向に振れて全く相手にしないのも大きな問題になります。

「冷淡」

「冷淡」とは物事に熱心ではないことや興味を示さないことを表します。もうひとつの意味としては「思いやりがなく同情したり親切にしたりすることがない様子」を表す言葉でもあります。この意味合いからもわかるようにマイナスの意味合いを持つ言葉であるため、他人を評価するときにこの言葉を使うのは避けた方がよいでしょう。また、冷淡な人間になると周囲との人間関係に軋轢を生む可能性があるため、自分が冷淡な態度をとっていないかについては客観的に自分を評価する必要があります。

「老婆心」の敬語

「老婆心」の敬語

「老婆心」の敬語について紹介します。ここで紹介する言葉は主に目下の人から目上の人に向けて意見を伝えるときに使われる言葉です。知っていると便利であるため、ぜひおさえておきましょう。

「お言葉ですが」

「お言葉ですが」という言葉は目上の人に意見を述べるときに用いると便利な言葉になります。 ここで言う「お言葉」とは「目上の人が口にした言葉」のことを指します。「せっかく目上の人がおっしゃった言葉ではありますが私の意見では」というニュアンスを持ちます。目上の人に対して意見を述べるのは抵抗感がありますが、こういった便利な言葉を駆使しながら自分の意見は積極的に口にして行きましょう

「僭越ながら」

「僭越ながら」も「お言葉ですが」と同じく目上の人に対して意見を言いたいときに使える便利な言葉です。「僭越ながら」の基本的な意味は「自分の身分や知恵の事を考えると出過ぎたことをいたしますが」という意味になります。つまり、「出過ぎたことをしていることを分かった上で申し上げます」というニュアンスになるので、謙譲表現となります。このような言葉を正しく使いこなし、ビジネスシーンにおいて適切な表現でコミュニケーションをとりましょう。

「老婆心」を英語でいうと?

「老婆心」を英語でいうと?

「老婆心」の英語表現を紹介します。「out of kindness」は老婆心の英語訳になります。「kindness」が親切なという意味になるため、「out of」をつけることで、 親切さが度を越しているという意味合いになります。

「老婆心」の使い方と例文集

「老婆心」の使い方と例文集

最後に「老婆心」の使い方と例文について紹介します。使い方や注意点を理解しておくことで、ビジネスシーンにおいても自信を持ってコミュニケーションをとれるようになります。

「老婆心」の使い方

「老婆心」という言葉の使い方について紹介します。「老婆心」を使うタイミングは主に目下の人を心配するときです。「老婆心」という言葉は、心配のあまりついつい世話を焼いてしまうというニュアンスを持っています。また年下の人がこのままでは失敗すると懸念したときにも使われます。つまり、年下の人に対して何らかの忠告やアドバイスを与えるときに「老婆心ながら」という話し始めで気持ちを伝えることが多いです。

「老婆心」を使用するときの注意点

「老婆心」の由来から、女性にのみ使われる表現だと誤解されがちですが男性が使っても問題ありません。基本的なニュアンスとしては「余計なお世話だと思うけれども」くらいの温度感で使われます。性別を意識して使われる言葉ではないため、男性女性問わず目上の人から目下の人にアドバイスをするときに使われる言葉になります

「老婆心」の例文

「老婆心」という言葉を用いた例文を紹介します

・老婆心ながら言わせてもらうと、君はもう少し落ち着いて仕事に取り組むべきだ。
・老婆心ながら忠告させてもらうと、あの部署に異動願いを出すのはよしておいた方がいい。

まとめ

「老婆心」という言葉には「必要以上に世話を焼こうとする気持ち」というニュアンスがあります。目上の人が年下に対して何かアドバイスをしたい時に、「余計なお世話かもしれないけれど」という謙譲の気持ちも含めて伝えるときに使われます。「老婆心」という言葉は年上から年下に使う時に用いられるのに対し、「僭越ながら」や「お言葉ですが」といった言葉は年下から目上の人に対して意見を伝えるときに用いられます。このような言葉を適切に使いこなし、ビジネスシーンにおいて上手にコミュニケーションをとっていきましょう

老婆心

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる