「先般」の意味と使い方|類語や英語表現・例文、「先日」との違いも紹介

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    「先般」という表現は聞いたことはありますか?この言葉はビジネスシーンにおいてよく使われる言葉であるため、意味や使い方を知っておくことは大切です。今回は「先般」の意味や使い方、類語・対義語・英語表現に加え「先日」との違いについても紹介します。

    目次

    「先般」の意味とは?

    「先般」の意味とは?

    「先般」という言葉の意味を解説します。 言葉の意味を正確に理解することで正しい使い方が見えてきます。意味やニュアンスについて詳しく見ていきましょう。

    「少し前」「さきごろ」

    「先般」とは、「少し前」や「先頃」という意味を持つ言葉になります。基本的な使い方としては、そう遠くない昔の話をするときに用いられます。かなり曖昧な表現であり、具体的な日付を指し示す意味合いを持ち合わせていません。話の文脈からお互いにいつのことなのか理解できる範囲で使われることが多いです。

    「先般」以外の日にちを表現する言葉

    「先般」と同じような使い方をする、日にちを表現する言葉を3つ程紹介します。1つ目は「今般」です。この言葉は「こんぱん」と読み、意味合いとしては「この度」という言葉と近いニュアンスを持ちます。2つ目は「過日」です。「過ぎた日」や「先日」という意味を表す言葉で、「先般」と同じく近い過去を表現するのに適しています。3つ目は「先般来」です。読み方「せんぱんらい」と読み、意味合いとしては「先般から今まで」という意味があります。英語でいうところの現在完了形と同じようなニュアンスを持つ表現になります。このような日にちを表現する言葉もおさえておきましょう。

    「先般」の読み方

    「先般」の読み方

    「先般」の読み方は「せんぱん」になります。日常生活においては頻繁に用いられる言葉ではありませんが、その読み方を知っておくことに損はありません。 「般」という漢字には「ある局面」というニュアンスがあるため、ある特定の時間を表すのに適している漢字になります。似たような使われ方をする熟語には「過般」や「今般」などが挙げられます。

    「先般」の類義語・言い替え

    「先般」の類義語・言い替え

    ここでは「先般」という言葉の類語や言い換え表現について紹介します。今回紹介する類語は比較的日常でも用いられる表現であるため、その意味を正確に理解しておくことが大切です。ビジネスシーンや日常生活にかかわらず、よく使われる言葉になるので詳しく見ていきましょう。

    「以前」

    「以前」という言葉は「先般」と類語になります。意味としては「その時よりも前」や「ある状態に達する前段階」などが挙げられます。昔のことを振り返るときに使われることが多く「以前はこのような体制で社内の統括されていた。」や「明治時代以前の日本人の暮らし」のように使われています。「以」という漢字には基準となる数値を含むという意味があり、例えば3以上という表現をすると3を含むというのが正しい解釈です。しかし「以前」という言葉の使い方になると、基準となるものを含まない解釈になる場合があります。例えば、明治時代以前という表現の場合は明治時代は含まれないという解釈になります。このような微妙な言葉のニュアンスの違いに注意しましょう。

    「この前」

    「この前」という言葉は「少し前」や「つい最近」といった意味になります。 「前」という表現はさまざまな意味合いがありますが、「この前」という表現においては「少し前の過去」を意味しています。日常生活でも非常によく用いられる言葉です。

    「先般」の対義語

    「先般」の対義語

    「先般」の対義語には「今般」という言葉が挙げられます。「先般」は過去のこと、主に「数ヶ月前まで」のことを指す言葉であるのに対し、「今般」という言葉は「最近のこと」を表す言葉になります。「今般」という言葉は現在進行形の物事について使われる言葉であるため、現在においてその出来事が影響を及ぼさなくなれば、「今般」という表現を使うのは適切ではなくなります

    「先般」と「先日」の違い

    「先般」と「先日」の違い

    「先般」と「先日」の使い方の違いについて解説します。「先般」と「先日」の使われ方の違いなどを正確に理解しておくことは、正しい言葉の使い方をする上で大切です。特にこれら2つの言葉は、相手に与えるニュアンスに微妙な違いを生み出す言葉になります。それぞれの言葉の注目すべきポイントなどを深掘りしていきましょう。

    「先般」と「先日」同じ意味で使われる

    「先般」と「先日」はほぼ同じ意味で使われます。どちらともそれほど遠くない昔の話を指す言葉で、1カ月ぐらい前のことに対して用いられます。「先般」と「先日」では、「先日」の方が普段使いとしては浸透しています。ただ、正式な文書などにおいては「先般」という表現が用いられることもあります。

    「先般」と「先日」の違いは「注目するポイント」

    「先般」と「先日」の微妙なニュアンスの違いとしては、話題に対して注目するポイントにあります。「先般」を用いる場合、「話題の内容」や「そのときにあった出来事」について話の焦点が当たりますが、「先日」という表現の場合は「その出来事が起きたのはいつだったか」という点に重点が置かれています。このような微妙なニュアンスの違いも理解して言葉を扱えるようにしましょう。

    「先般」と近い意味の言葉

    「先般」と近い意味の言葉

    「先般」と近い意味の言葉として、「先ほど」や「過日」という言葉があります。それぞれの言葉のニュアンスや使われ方の違いを意識しつつ、詳しく見ていきましょう。

    「先ほど」

    「先ほど」という言葉は、「ちょっと前」という意味があります。「先般」や「先日」という表現は、日付をまたいだときに用いるのが適切です。一方、「先ほど」という表現は日付はまたがず、その日中の出来事に対して使われる表現になります。 つまり数時間前の出来事に対して使われることがほとんどで、ビジネスシーンでよく使われる表現になります。例えば「先ほどはありがとうございました。」「先ほど送信しましたメールをご確認ください。」というような使われ方をします。

    「過日」

    「過日」という言葉は読んで字のごとく「過ぎ去った日」という意味になります。「先般」は「そんなに遠くない昔の出来事」という意味があったのに対し、「過日」は「非常に昔のこと」も含むニュアンスを持ちます。もちろん、最近起こった出来事という意味も持ち合わせていますが、一般的には1カ月以上昔のことを表現する際に使われます。また、「先日」という表現よりもフォーマルな印象を与えられるため、ビジネスシーンにおける文面などにおいては「過日」という言葉も使えるとなおよいでしょう。

    「先般」を英語でいうと?

    「先般」を英語でいうと?

    「先般」という言葉の英語表現を解説します。比較的かんたんな英語表現を2つピックアップしました。英語表現を身につけておくことで、海外に行った時に役に立つことがあるかもしれません。それぞれ詳しく見ていきましょう。

    「some times ago」

    「some times ago」は「先般」を表す英語表現になります。「My grandfather died some time ago.」で「 祖母がしばらく前に亡くなった。」という意味になり、この意味合いでは、そう遠くない昔に祖母が亡くなったことが読み取れます。

    「the other day」

    「the other day」も「先般」を表す英語表現です。例えば「Thank you for the other day.」は「この間はありがとう」という意味を表現する英文になります。

    「先般」の使い方と例文集

    「先般」の使い方と例文集

    「先般」という言葉の使い方や例文について紹介します。ビジネスシーンにおいてもある程度のタイミングで用いられる言葉になります。そのため、使い方を正確に理解しておくことはビジネスマナーの大切なことです。使用するときの注意点なども踏まえ詳しく見ていきましょう。

    「先般」の使い方

    「先般」という言葉は比較的改まった表現に分類されます。そのためビジネスシーンにおいては文書などで用いられることが多く、話し言葉で使うことはあまりありません。使うべきタイミングなども意識しながら、言葉を操れるとよいでしょう。

    「先般」を使用するときの注意点

    「先般」という言葉はかなり硬い印象を与えるため、社内での日常会話においては使わないことが普通です。また、フォーマルな文面において先般を用いる際も具体性が必要な場合は、しっかりと日付を表示した方がよいでしょう。これにより受け取った側がいつのことか理解できないといった不手際を防ぐことにつながります。

    「先般」の例文

    「先般」という言葉を用いた例文を紹介します

    ・先般の取締役会での決定事項を周知いたします。
    ・先般のご説明にあった通り、この方針でプロジェクトを進めていく所存です。

    まとめ

    「先般」という言葉は「少し前」や「さきごろ」という意味がありました。類義語には「以前」や「この前」といった言葉があり、「先般」よりもカジュアルなニュアンスを持つ言葉になります。他にも「先日」や「過日」といったような近い意味の言葉がたくさんあるため、 状況やタイミングに応じて適宜使い分けていきましょう。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    目次
    閉じる