「情緒的」の意味や使い方|「叙情的」との違いや英語・類語・対義語・例文を解説

情緒的
目次

「情緒的」の読み方

「情緒的」の読み方

「情緒的」の読み方は「じょうしょてき」が正しいです。しかしながら、「じょうちょ」と読む人が多かったため、「じょうちょ」とも読まれるようになりました。たとえば、「情緒不安定」は「じょうちょふあんてい」と読みますよね。「情緒」の読み方は「じょうしょ」と「じょうちょ」と覚えておきましょう。

「情緒的」の意味とは?

「情緒的」の意味とは?

「情緒的」には2つの意味があります。「人を感慨深くさせるような雰囲気がある」と「感情がむき出しの状態である」という意味です。どちらも「感情」が関係しているのですが、意味は大きく違いますので、しっかりと理解して使い分けられるようになりましょう。

「人を感慨深くさせるような雰囲気のある」という意味

「情緒的」には「人を感慨深くさせるような雰囲気のある」という意味があります。ポジティブな意味として使われることがほとんどです。

「感情がむき出しの状態である」という意味

「情緒的」には「感情がむき出しの状態である」という意味もあります。ネガティブな意味合いで使われるもので、理論よりも感情を優先する人のことを指していいます。

「情緒的」の類語・言い換え

「情緒的」の類語・言い換え

「情緒的」にはたくさんの類語・言い換えの表現があります。類語を覚えることで、文書などでの連続使用を防ぐことが可能に。語彙力も増えるので、会話や知識に厚みが出ます。しっかりと覚えておきましょう。

感情的

「情緒的」の類語一つ目は「感情的」です。ネガティブなイメージで使用される言葉で、理性を失ってしまって感情のままに行動するようになっていることを意味します。

非論理的

「情緒的」の類語二つ目は「非論理的」。こちらもネガティブなイメージで使用されます。「論理的」に打ち消しの「非」をつけることによって「論理が破綻していること」を意味しています。

感傷的

「情緒的」の類語三つ目は「感傷的」です。「感傷的」とは「感情に動かされやすく、涙もろくなっている様子」を意味しています。理論ではなく感情が優先している状態のため「情緒的」の類語として使われているのです。

叙情的

「情緒的」の類語四つ目は「叙情的」です。「抒情的」と書くこともあります。「叙情的」とは「感情がじんわりと外側に出てくる様子」。理性に関係なく、内側からじんわりと感情が優先して溢れ出てくる様子から「情緒的」の類語とされています。

風情のある

「情緒的」の類語五つ目は「風情がある」です。「風情がある」は「なんとも言えない趣がある様子」を指す言葉。「情緒的」の「人を感慨深くさせるような雰囲気」に通ずるものがありますね。

趣のある

「情緒的」の類語六つ目は「趣がある」です。「しみじみとした風情がある様子」を表す言葉で、こちらも「情緒的」の「人を感慨深くさせるような雰囲気」に通ずるものがあります。

耽美な

「情緒的」の類語七つ目は「耽美な」です。「耽美(たんび)」と読み、「このうえない美に魅了されること」を意味します。

センチメンタルな

「情緒的」の類語八つ目は「センチメンタルな」です。「センチメンタル」とは英語で「感傷的」を意味する「sentimental」を語源としています。

エモい

「情緒的」の類語九つ目は「エモい」です。「エモい」は現代的な言葉で若者を中心に使われています。英語で「感情的な」という意味の「emotional(エモーショナル)」を語源としている言葉で、「情緒的」の類語です。

「情緒的」の対義語

「情緒的」の対義語

「情緒的」には対義語も多くあります。対義語を覚えておくことによって、感情ではなく理論優先で活動している人のことを褒めることもできます。しっかり覚えましょう。

現実的

「情緒的」の対義語の一つ目は「現実的」です。「現実的」とは「現実に即してるさま」や「実利だけを考えているさま」を表現した言葉です。「実利を超えた精神的な価値」を意味する「情緒的」とは対義語です。

理性的

「情緒的」の対義語の二つ目は「理性的」です。「理性的」とは「本能や感情に流されないで、冷静に理性に従う様子」を表しています。意味からわかるように、もちろん「情緒的」の対義語です。

理論的

「情緒的」の対義語の三つ目は「理論的」です。「理論的」とは「理論に基づいているさま」を表現する言葉で、理論に基づかないで感情で物事を判断する「情緒的」とは反対にあります。

論理的

「情緒的」の対義語の四つ目は「論理的」です。「論理的」とは「筋道が通っていること」を表しています。よって、理論や論理ではなく感情が先にある「情緒的」の対義語なのです。

合理的

「情緒的」の対義語の五つ目は「合理的」です。「合理的」とは「道理にかなっていて、能率的であるさま」を表現しています。感情優先で効率など関係ない「情緒的」とは対義語の関係です。

「情緒的」の使い方と例文集

「情緒的」の使い方と例文集

「情緒的」の意味や類語を知っていても、使い方を知らなくては意味がありません。ここでは「情緒的」の使い方や使われている例を紹介します。実際に使われるものをみて、「情緒的」を使えるようになりましょう。

「情緒的」の使い方

「情緒的」とは数字や論理ではなく、感情などの内面的なもので物事を捉えるときに使います。使っている具体的な例文は以下の通りです。

例文1:あなたは情緒的な人だ。
例文2:彼女の歌声は非常に情緒的だ。
例文3:彼は情緒的な人なので嫌いだ。

「情緒的」の使用例1「情緒的な光景」

「情緒的な光景」のように「情緒的な〇〇」や「〇〇は情緒的だ」は最も一般的な使い方です。「感慨深い気持ちにさせる」という意味における「情緒的」で、非常にポジティブな意味合いで使われます。

「情緒的」の使用例2「情緒的価値」

「情緒的価値」とはビジネスにおいてよく使われる言葉です。商品やサービスの機能や性能ではなく、その商品自体のかっこよさや、その商品を持っている自分への自己肯定感などの感情面に訴えかける価値のことです。

「情緒的」の使用例3「情緒的サポート」

「情緒的サポート」とは簡単にいうと「心のサポート」のことです。経済的支援などの形があるものではなく、精神的なサポートなどの心のケアを指します。

「情緒的」の使用例4「情緒的虐待」

「情緒的虐待」とは「ネグレクト」のことを指します。子どもが求めている情緒的なつながりを一定期間継続して与えないことです。具体的には「学校に行かせないこと」「衣食住の世話をしないこと」などが挙げられます。そのほかにも「身体的虐待」「性的虐待」「心理的虐待」などがあります。

「情緒的」の使用例5「情緒的コミットメント」

「情緒的コミットメント」とは「つながりを持ちたいという気持ちからのコミットメント」を指します。「コミットメント」とは「責任のある約束」などの意味。つながりを持ちたいからと愛着を持つことを「情緒的コミットメント」と言います。

「情緒的」の使用例6「情緒的な人」

「情緒的な人」とはポジティブにもネガティブにも捉えられるような言い方です。ポジティブな捉え方もすれば「他人のことを感慨深くさせるような味のある人」という意味になり、ネガティブに捉えれば「理論を無視する感情的な人」という意味になります。「情緒的な人」は使い方に注意しないと相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

「情緒的」を英語でいうと?

「情緒的」を英語でいうと?

「情緒的」を英語でいうと「emotional」や「emotionally」となります。「情緒的」の類語として紹介した「エモい」はこの英単語の音を語源としています。「emotional」や「emotionally」の具体的な使い方は以下の通りです。

例文1:He is an emotional person.(彼は情緒的な人だ)
例文2:She is an emotionally labile person.(彼女は情緒的に不安定な人だ)

まとめ

社会に出るとクライアントや上司などとの繋がりが増えていきます。そのときに大事になってくるのが実利を超えた「情緒的」な繋がりです。意味を理解していると、「情緒的」を意識して生活できるかもしれません。社会人として一歩上の人間関係を構築するためにも「情緒的」は大事ですよ。

情緒的

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる